うつ病で退職・休職する時に傷病手当金を確実に受給する方法

以前にも書きましたが、うつ病で働けなくなった場合について書きます。

あなたは、つぎのような症状が出たことはありませんか?

「朝起きるのがつらい」「会社に行きたくない」「吐き気がする」
「やる気が起きない」「イライラする」「何事をするのも億劫」
「自殺したい」「食欲がない」「よく眠れない」「体がだるい」、
「疲れやすい」「何事にも興味がなくなった」「気分が落ちこんでいる」

こうした症状が出れば、うつ病またはうつ状態(抑うつ状態)が疑われます。

こうした時は、心療内科又は精神科行き、診察を受けることが大事です。
私自身、心療内科又は精神科にかかるのは正直抵抗がありましたが、
不安な日々を送るよりも出来る限り早めに受診することをお勧めします。
「病気」なので、早期治療が効果的だからです。

もしも症状があまりにもひどい方の場合は、薬物療法のほかに休養することが
この病気から抜け出るには必要になってきます。

私の場合は、受診したその日に医師から「1ヶ月の休養を要する」と
診断書を発行されました。
会社の方から休職を申請するよう進められ、休職しました。
しかし、その間の給料は支払われません。

病気を治すためには休養と治療が必要。治療するにはお金が必要です。
安心して療養に専念するためにも「傷病手当金」を受給しましょう。
その後の早期の社会復帰に役立てることが出来るのです。

うつ病でも就労不能と医師に判断されれば、健康保険から給与の約67%を
支給開始後最長1年6か月傷病手当金として、現金で給付を受けることが出来、
安心して療養に専念することが出来ます。

受給条件を満たせば、健康保険から傷病手当金が、支給されます。
毎月、お給料の約3分の2に相当する現金給付が非課税
(所得税・地方税の天引きなし)で、最長1年6か月受給出来るのです。

しかし、傷病手当金の受給には条件があります。
うつ病等の精神疾患にかかり、休養が必要となると、休職したり、
場合によっては退職する必要が出てきます。

「傷病手当金の受給手続きは在職中に済ませてください。」

健康保険から傷病手当金が支給されますので、
会社を辞めてしまうと、社会保険もなくなってしまうからです。

傷病手当金を受給する方法

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 


お小遣い稼ぎランキング


うつ病ランキング


駄目サラリーマンランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です